Research

Books

  • Fujita, K. & C. Boeckx eds. 2016. Advances in Biolinguistics: The Human Language Faculty and Its Biological Basis. Routledge.
  • 藤田耕司・西村義樹 編. 2016. 『日英対照 文法と語彙への統合的アプローチ—生成文法・認知言語学と日本語学』開拓社.
  • 藤田耕司・福井直樹・遊佐典昭・池内正幸 編. 2014. 『言語の設計・発達・進化—生物言語学探究』開拓社.
  • 藤田耕司・岡ノ谷一夫 編. 2012. 『進化言語学の構築—新しい人間科学を目指して』ひつじ書房.
  • 藤田耕司・松本マスミ・児玉一宏・谷口一美 編 2012.『最新言語理論を英語教育に活用する』開拓社.
  • 藤田耕司・松本マスミ 2005.『語彙範疇 (I) 動詞』研究社.

Papers

  • Fujita, K. in press. On the Parallel Evolution of Syntax and Lexicon: A Merge-only View. Journal of Neurolinguistics (Special issue on language evolution: On the origin of lexical and syntactic structures). doi:10.1016/j.jneuroling.2016.05.001
  • 藤田耕司 近刊. 経済性理論から極小主義まで.『理論言語学史』開拓社.
  • 藤田耕司 近刊. 『併合』と言語進化. 『〈不思議〉に満ちた言葉の世界』開拓社.
  • Fujita, K. 2016. On Certain Fallacies in Evolutionary Linguistics and How One Can Eliminate Them. In K. Fujita & C. Boeckx eds.
  • Fujita, K. & C. Boeckx 2016. The Biolinguistic Program: A New Beginning. In K. Fujita & C. Boeckx eds.
  • Fujita, K. 2016. What was the original function of human language? JSLS2016: Handbook of the 18th Annual International Conference of the Japanese Society for Language Sciences.
  • Fujita, K. & H. Fujita 2016. Integration or Disintegration? The Evolution of Language: Proceedings of the 11th International Conference (EVOLANG11). Available online: http://evolang.org/neworleans/papers/16.html
  • 藤田耕司 2016. 言語進化とコミュニケーション.『フランス語学研究』50.
  • 藤田耕司 2016. 受動動詞の日英比較—生物言語学的アプローチの試み—. 藤田・西村 編.
  • 藤田耕司 2016. 助動詞選択と動詞統語論. 藤田・西村 編.
  • 藤田耕司 2016. 生成文法と認知文法のインターフェイス. 藤田・西村 編.
  • 西村義樹・藤田耕司 2016.「シンタクスの自律性」と「文法性」. 藤田・西村 編.
  • Fujita, K. 2014. Recursive Merge and Human Language Evolution. In T. Roeper & M. Speas eds. Recursion: Complexity in Cognition. Springer.
  • 藤田耕司 2014. 投射の進化的問題. 藤田・福井・遊佐・池内 編.
  • 藤田耕司 2014. 生物言語学のこれまでとこれから. 藤田・福井・遊佐・池内 編.
  • 藤田耕司 2014. 生成文法と複雑系言語進化.『計測と制御』53(9). 計測自動制御学会.
  • 藤田耕司 2014. 生成文法・生物言語学と日本語研究. 『日本語学会2014年度秋季大会予稿集』
  • 藤田耕司 2014. 生成文法.『ことばの本質に迫る理論言語学』くろしお出版.
  • Boeckx, C. & K. Fujita. 2014. Syntax, Action, Comparative Cognitive Science and Darwinian Thinking. Frontiers in Psychology 5.
  • 藤田耕司 2013. 生成文法から進化言語学へ—生成文法の新たな企て.『生成言語研究の現在』ひつじ書房.
  • Fujita, K. 2012. A Merge-Only Theory of Human Language Evolution: How Plausible Is It? 19th International Congress of Linguists Abstracts Booklet.
  • Fujita, K. 2012. Four Wrong Ideas in Evolutionary Linguistics. The Evolution of Language: Proceedings of  the 10th International Conference (EVOLANG10). World Scientific.
  • 藤田耕司 2012. 統語演算能力と言語能力の進化. 藤田・岡ノ谷 編.
  • 藤田耕司・岡ノ谷一夫 2012. 進化言語学の構築を目指して. 藤田・岡ノ谷 編.
  • 藤田耕司 2012. 動詞統語論と生物言語学・進化言語学.『日英語の構文研究から探る理論言語学の可能性』開拓社.
  • 藤田耕司 2010. 統語演算.『よくわかる認知科学』ミネルヴァ書房.
  • 藤田耕司 2010.「進化的妥当性」を求めて:生成生物言語学からのアプローチ.『日本認知言語学会論文集』10.
  • Narita, H. & K. Fujita 2010. A Naturalist Reconstruction of Minimalist and Evolutionary Biolinguistics. Biolinguistics 4.
  • Fujita, K. 2009. A Prospect for Evolutionary Adequacy: Merge and the Evolution and Development of Human Language. Biolinguistics 3.
  • Fujita, K. 2009. Dimensions of Language Evolution: A View from Generative Biolinguistics. Studies in Language Sciences 8. Kurosio.
  • 藤田耕司 2009. 言語の起源と進化III —生成文法の視点から.『言語と進化・変化』朝倉書店.
  • 藤田耕司 2008. Evo-Devo 生成生物言語学の中心命題.『月刊言語』37(5). 大修館書店.
  • Fujita, K. 2007. Facing the Logical Problem of Language Evolution. (Review article on Variation and Universals in Biolinguistics, ed. by L. Jenkins) English Linguistics 24(1).
  • 藤田耕司 2007. 生成文法とヒト(およびトリ)における回帰的能力.『生物科学』59(2). 日本生物科学者協会.
  • 藤田耕司 2007. 変化を伴う由来—生成文法による言語の普遍と多様の解読. Viva Origino 35(4). 生命の起原および進化学会.
  • 藤田耕司 2007. 回帰性から見える文法の発達と進化. 『月刊言語』36(11). 大修館書店.
  • 藤田耕司 2006. 言語進化とミニマリスト・プログラム. KLS 26: Proceedings of the 30th Annual Meeting of the Kansai Linguistic Society. 関西言語学会.
  • 藤田耕司 2005. 言語を言語たらしめるもの−ミニマリスト・プログラムの視点. 『月刊言語』34(5). 大修館書店.
  • 藤田耕司 2003. 生物言語学の展開—生成文法から見た言語発生の諸問題. Viva Origino 31(2). 生命の起原および進化学会.

Talks

  • 藤田耕司 2016. 人間言語はどのようにして生まれたか―併合がもたらす統語と語彙の平行進化―. 日本人間行動進化学会第9回年次大会基調講演. 金沢市文化ホール.
  • 藤田耕司 2016. ヒト言語の構造依存性とその進化. 日本進化学会第18回大会. 東京工業大学.
  • Fujita, K. 2016. What Was the Original Function of Human Language? JSLS 2016 invited symposium “Communication, Thought, and Language Evolution.” The University of Tokyo.
  • Fujita. K. 2016. Merge α and Superpositioned Labels. The First International Symposium on the Physics of Language. Sophia University.
  • 藤田耕司 2016. 進化言語学・生物言語学の場合. STS Network Japan 春のシンポジウム 2016 「人文・社会科学研究をどのように評価するか」大阪大学.
  • 藤田耕司 2016. 人間言語の特質とその起源・進化. 東京で学ぶ京大の知シリーズ20「コミュニケーションを考える」京都大学東京オフィス.
  • 藤田耕司 2016. 人間言語の設計原理とその起源・進化. JR東海フォーラム「新・地球学の世紀」ハイアットリージェンシー京都.
  • Fujita. K. 2015. The Roots of Merge (and Merge of Roots). Tokyo Lectures in Language Evolution. The University of Tokyo.
  • 藤田耕司 2015. 併合の運動制御起源仮説. 記号創発システム調査研究会公開シンポジウム「記号創発システムによる実世界コミュニケーションの理解ヘ向けて」 ドワンゴ会議室.
  • 藤田耕司 2015. 言語進化研究は実証的たり得るのか. 萩原裕子教授追悼シンポジウム. 首都大学東京.
  • 藤田耕司 2015. 生成文法と言語進化. 慶應言語学コロキアム. 慶應義塾大学.
  • 藤田耕司 2015. 言語進化とコミュニケーション. 日本フランス語学会シンポジウム『言語の進化とコミュニケーション』明治学院大学.
  • 藤田耕司 2015. 生物言語学・進化言語学—言語学の学際化の実践—. 京都大学学際融合教育研究推進センター・ワークショップ「学際研究の原理」京都大学.
  • 藤田耕司 2015. 言語の起源・進化への生物言語学的アプローチ:統語演算能力のルーツを求めて. 言語の脳遺伝学研究センター キックオフ・シンポジウム. 首都大学東京.
  • Fujita, K. 2014. Four Wrong Ideas in Evolutionary Linguistics. The 10th International Conference on the Evolution of Languge (Evolang X). Vienna University, Austria.
  • Fujita, K. 2014. An Overview of Generative Grammar: From Standard Theory to Minimalism. National University of Singapore.
  • Fujita, K. 2014. The Biolinguistic Enterprise: Agenda, Goals and Methods. National University of Singapore.
  • Fujita, K. 2014. A Merge-Only Theory of Human Language Evolution. National University of Singapore.
  • 藤田耕司 2014. 併合(および併合理論)の進化. 日本科学哲学会第47回大会ワークショップ「生物言語学と生物科学におけるメカニズムについて」南山大学.
  • 藤田耕司 2014. 言語進化からみた動詞句. 日本英語学会第32回大会シンポジウム「動詞句とその周辺をめぐって:語彙範疇と機能範疇の役割」学習院大学.
  • 藤田耕司 2014. 生成文法・生物言語学と日本語研究. 日本語学会2014年度秋季大会シンポジウム「一般言語理論と日本語研究」北海道大学.
  • 藤田耕司 2014. 生成文法・生物言語学の方法論. 関西言語学会第39回大会シンポジウム「言語理論と科学哲学」大阪大学.
  • Fujita, K. 2013. Evolutionary Problems of Projection. Tokyo Workshop on Biolinguistics. Sophia University.
  • Fujita, K. 2013. Verbs and the Lexicon: A View from Merge-based Biolinguistics. OKU International Workshop on Linguistics: English Middle and Beyond. Osaka Kyoiku University.
  • Fujita, K. 2013. A Merge-Only Theory of Human Language Evolution: How Plausible Is It?” 19th International Congress of Linguists. Université de Genève, Switzerland.
  • Fujita, K. 2013. In Defense of the Merge-Only Hypothesis. GLOW 36 Biolinguistics Workshop. Lund University, Sweden.
  • 藤田耕司 2013. 人間の言語能力と知性の起源に迫る.「京の府民大学」対象講座 京都大学大学院人間・環境学研究科公開講座. 京都大学.
  • Fujita, K. 2012. The Hands that Rocked the Cradle of Language. ICREA International Symposium on Biolinguistics. University of Barcelona, Spain.
  • Fujita, K. 2012. Current and Future Issues in Biolinguistics. 日本英語学会30周年記念大会特別ワークショップ. 慶應義塾大学
  • Fujita, K. 2012. Opening Remarks for Kyoto Conference on Biolinguistics – The Human Language Faculty: Its Design, Development and Evolution. Kyoto University.
  • 藤田耕司 2011. 言語進化の内と外. 日本英語学会第29回大会シンポジウム「生物言語学・進化言語学の新しい流れ」新潟大学.
  • 藤田耕司 2011. 生成文法から探る言語の起源・進化. 北海道大学講演会.
  • 藤田耕司 2011. 生成文法から進化言語学へ. 津田塾大学言語文化研究所「英語の共時的及び通時的研究の会」発足25周年記念大会シンポジウム「生成文法の企ての現在を問う—LGB刊行30周年にあたって」津田塾大学.
  • Fujita, K. 2010. Biolinguistic Minimalism and Language Evolution. JAIST-EELC 2010. Campus Plaza Kyoto.
  • Fujita, K. 2010. Experimental Syntax for Biolinguistics? 日本英語学会第27回大会シンポジウム “Experimental Syntax: What We Can Expect, and What We Cannot.” 大阪大学.
  • 藤田耕司 2010. 進化言語学の構築. 関西言語学会第35回大会シンポジウム「進化言語学の構築」京都外国語大学.
  • Fujita, K. 2009. The Design, Development and Evolution of Unbounded Merge. Recursion: Structural Complexity in Language and Cognition. University of Massachusetts, Amherst, USA.
  • Fujita, K. 2009. Action Meets Syntax: Evolingo and Biolinguistic Minimalism. The 4th International Conference on Formal Linguistics. Beijing Foreign Studies University, China.
  • 藤田耕司 2009. 『進化的妥当性』を求めて:生成生物言語学からのアプローチ. 日本認知言語学会第10回全国大会ワークショップ「言語進化のアプローチと対話」京都大学.
  • Fujita, K. 2008. Recursion, Modularity, and the Evo-Devo of Language. Biolinguistics, Acquisition and Language Evolution (BALE) 2008. University of York, England.
  • Fujita, K. 2007. Where Do Verbs Come from? Part 1: Anti-Lexicalism for the Study of the Origins and Evolution of Language. Kyoto Workshop 2007: Generative Grammar and Beyond. Kyoto University.
  • 藤田耕司 2007. 変化を伴う由来—生成文法による言語の普遍と多様の解読. 生命の起原および進化学会第32回学術講演会「生物進化と人間の特性(2)—新しい質の成立経緯」神戸大学.
  • 藤田耕司 2007. 生成文法から観た言語進化の主要問題. 日本進化学会2006年大会シンポジウム「言語の起源と進化」国立オリンピック記念青少年総合センター.
  • 藤田耕司 2006. Dimensions of Language Evolution—A View from Generative Biolinguistics.  JSLS第8回年次国際大会招待シンポジウム「言語の起源と進化」国際基督教大学.
  • 藤田耕司 2006. 生成文法と進化研究. 仙台英語学談話会特別講演. 東北大学.
  • 藤田耕司 2006. Design and Function in Language Evolution. 日本英語学会第23回大会シンポジウム「言語の起源・進化について現在何が言えるか:脳・進化、言語、歴史の観点から」九州大学.
  • 藤田耕司 2003. 生物言語学の展開. 生命の起原および進化学会第28回学術講演会「生物進化と人間の特性—生成文法の研究」日本獣医畜産大学.
  • 藤田耕司 2003. 生成文法の進化論的側面. 同志社大学大学院文学研究科コロキアム.
  • 藤田耕司 2003. An Evolutionary View on Generative Grammar. 上智大学言語学講演会.
  • 藤田耕司 2001. Unification in Generative Grammar (and Beyond). JST異分野研究者交流フォーラム「ゲノムと言語」大磯プリンスホテル.
  • 藤田耕司 2001. 生物言語学—基本的問題と展望. 上智大学言語学講演会.

Misc.

  • 藤田耕司・岡ノ谷一夫 近刊. 生物言語学.『最新理論言語学用語事典』朝倉書店.
  • 藤田耕司 2016. 人類の知性の原点 言語が出現した謎に迫る.『新・地球学の世紀』WEDGE 3月号.
  • 西村義樹・藤田耕司・森雄一(鼎談)2016. 日本語文法学界の展望2:理論的研究.『日本語文法』16(1). 日本語文法学会.
  • 藤田耕司 他(項目分担執筆)2015.『明解言語学辞典』三省堂.
  • 藤田耕司 他 2015. 20 Must Reads on the Future of Language & Everything. WIRED 19.
  • Fujita, K. 2013. Review: Anna Maria Di Sciullo & Cedric Boeckx (eds.), The Biolinguistic Enterprise: New Perspectives on the Evolution and Nature of the Human Language Faculty. Studies in English Literature English Number 54. 日本英文学会.
  • 藤田耕司 2011. 言語進化研究の楽しみ方ガイド—超入門・進化言語学. 『日本語学』30(13). 明治書院.
  • 藤田耕司 2011. 構文の書き換え.『大学で教える英文法』くろしお出版.
  • 藤田耕司 2009. 『言語進化の論理的問題』に挑む.『月刊言語』38(11).
  • 藤田耕司 2008. 海外新刊紹介 Cedric Boeckx 2006: Linguistic Minimalism: Origins, Concepts, Methods, and Aims.『月刊言語』37(3). 大修館書店.
  • 藤田耕司 2006. ミニマリスト・プログラム.『言語科学の百科事典』丸善.
  • 藤田耕司 2005. 書評 Louise M. Antony and Norbert Hornstein (eds.), Chomsky and His Critics.『英文学研究』82. 日本英文学会.
  • 藤田耕司 2004. 書評 畠山雄二 英語の構造と移動現象 生成理論とその科学性.『英語青年』CL(4). 研究社.
  • Fujita, K. 2002. Review: Lyle Jenkins: Biolinguistics – Exploring the Biology of Language.『言語研究』121. 日本言語学会.
  • 藤田耕司 2001. 言語科学の未来を見つめる. 書評 福井直樹 自然科学としての言語学—生成文法とは何か.『英語教育』50(4). 大修館書店.

 

(from left to right)